卒業生・講師の声

ステップワールド英語スクールを卒業した先輩たちや講師の方々からのメッセージを紹介します。

英語を学ぶということは、可能性を広げるということです。生活の場を日本にとどまらず世界に広げられる可能性。職業を選ぶにしても、英語ができれば可能性はずっと広がります。選んだ職業の中でも、仕事の可能性は広がります。同じエンジニアでも、英語ができるエンジニアと英語ができないエンジニアでは、仕事のフィールドは違います。

先輩たちの声を聴いて、英語を学ぶ勇気をもらってください。

「国際協力を通して」

椙山女学園大学 生活科学部4年
M.T.さん(愛知県日進市・LL日進駅前教室 / 中1〜高3)

 英語を学習する中で留学や国際協力に挑戦したいと考えるようになり、大学3年生の春休みにカンボジアに国際協力に行く機会を得ました。現地で活動を始めたばかりの頃は、相手の英語を聞き取れるのに自分で上手く話せないことがあり、せっかく勉強してきたのに悔しいと思いました。
 ステップワールドでは「日本語で難しく考えすぎないように」とよく言われました。いくら勉強しても現地で会話する中で「どう言えば良いのだろう?」と迷ってしまうことはもちろんあると思います。私はその時に一旦冷静になることで、簡単な英語ですんなりと会話を続けることができました。
 英語=難しいものという考えが変わり、活動の幅を広げることができたのはステップワールドに通ったからだと思います。英語を学び、使うことで自身の視野はいくらでも広がるのではないかと考えます。今後もステップワールドで学んだことを活かして、様々な活動に挑戦していきたいと考えています!

ページトップへ

「ステップワールドで自分の可能性を広げよう」

   昭和大学 薬学部2年
K.S.さん(北海道函館市・大文堂教室/ 3歳〜高3)

 私は3歳のころからステップワールドに通っていました。簡単なゲームから始めて、ビデオやCDなど様々な教材を使いながら階段を上るように次のステップへと進んでいったことで、無理なく感覚的に英語を身につけることができました。英検にも積極的にチャレンジして勉強のモチベーションを高めながら、学習できたと思います。
 約15年間教室に通う中で、やはり一番の思い出はスピーチ・コンテストです。毎日CDを聞きながら発音練習したり、どう表現したらより良いスピーチになるのかを考えたりするうちに、大勢の人の前でもスピーチできるようになりました。これは英語に限ったことではなくて、大学でプレゼンテーションを行う時など、スピーチ・コンテストで得た力が今生かされていると感じます。
 ここまで大変なこともたくさんありました。でも教室の先生を信じて、努力し続ければ、きっと皆さんの可能性は大きく広がるはずです。頑張ってください。応援しています。

ページトップへ

「私の留学記」

東京工業大学 大学院 物質理工学部
  Y.M.さん(千葉県八千代市・LL勝田台教室 / 小5〜高3)

 私は小学生から高校生までステップワールドに通ったことで英語がとても好きになりました。大学は理系でしたが英語の勉強にも力を入れ、英語を強みとして第1志望の大学に合格できました。そして大学では英語力をあげたい、環境エネルギー問題について学びたいという想いから、短期、長期合わせて6回に渡る海外留学を経験しました。短期の例としては、中国政府にゴミ問題についてアジアの学生と議論をし、政策を提案するプログラムに参加しました。その際には非常にやりがいを感じました。長期の留学としては、フィンランドのアールト大学に派遣交換留学をしました。これにより大学を休学することなく、世界一と言われる教育水準を誇るフィンランドで企業と製品開発をしたり、ヨーロッパの環境・再生エネルギーの実情を学ぶことができました。
 ステップワールドで英語を好きになっていなければこんな多くの経験はできなかったと思います。
 ステップワールドに出会えて本当に良かったです。

ページトップへ

「スタートダッシュの重要性!!」 

 京都大学 法学部3年
G.N.さん(新潟県上越市・春陽館高田教室/ 小5〜小6,
英検2次対策講座: 〜中2)

 私がステップワールドを選んだのは、他の英会話教室のようにネイティヴとのふれあいではなく、日本人の先生から四技能の基礎基本をしっかり学べる教室だったからです。中でもスピーチ・コンテストは印象に残っており、話す力は言うまでもなく、耳も同時に鍛えられました。また、英検対策を積極的にやってくださるのも大きかったです。
 中学生になってからは英検3級・準2級・2級の面接練習でもお世話になりました。高校生になってからも得意科目として、大学入試の最後の2次試験まで順調に進むことができたと思います。大学では英語で行われる授業やTOEICに取り組んでいます。将来の就職先も英語を使うものになるかもしれません。
 英語は先手必勝とよく言われます。小学生のうちにうまくスタートダッシュを切ることに成功すると、中学、高校、大学、世界へとチャンスが増えることを、私は身をもって経験しました。皆さんもステップワールドで学ばれ、英語で世界の人と交流できる楽しさを味わいませんか。

ページトップへ

「あ、英語って楽しい!」

愛知教育大学 教育学部1年
  S.S.さん(愛知県日進市・LL日進駅前教室 / 小5〜高3)

 私は小学校5年生の時にステップワールド教室に通い始めました。ゲームなどで遊びながらリスニングやリーディングの練習をしていくうちに、着実に「あ、読める!」「あ、聴こえる!」が増えていきました。
 最初に「あ!」と感じたのは、小6の頃、両親とディズニーランドに行った時のことでした。シンデレラが私に「こんにちは。ご機嫌いかが?」と英語で話しかけてくれたのがわかったのです。
 その時は本当に簡単な会話しかできませんでしたが、憧れのプリンセスと英語で話すことができたのが本当に嬉しくて、「英語って楽しいな、この教室に通って良かったな」と思いました。
 高校3年生までここで英語を学びました。センター試験・二次試験対策や英検対策ももちろん丁寧に指導していただきましたが、この教室で「英語って楽しい!」と思えるようになったことが私の中で一番の収穫だと思います。卒業しても英語の力を伸ばし続けて今後に役立てていきたいです。

ページトップへ

「英語を実際に使う練習ができる教室」

金沢大学 大学院 医学部
  A.K.さん(新潟県長岡市・LL大島教室 / 年中〜高3)

 ステップワールドでの英語学習は、主に実際に英語を声に出して「話す」学習でした。これの効果を実は私は大学院生になった今、最も実感しています。
 私は現在医学類にある研究室に所属しているのですが、外国出身者の方が沢山います。もちろん英語でコミュニケーションをとらなければなりませんし、研究室内の論文の抄読会でも英語の論文を英語で紹介せねばなりません。最初はとてもとまどいましたが、現在は何とか英語を話すことに慣れることができています。これはステップワールドでの経験が生きていると思っています。英語で発表などをする際、ステップワールドでの授業やスピーチ・コンテストを思い出し、落ち着いて話すことができたからです。特にスピーチ・コンテストで大人数の前で話した経験は、他の英語塾ではなかなかできない貴重なものだと思います。
 この文を見ている生徒の方にもこの経験をしていってほしいです。必ず大学や就職先で必要なものです。

ページトップへ

「教室での思い出」

防衛大学校 応用物理学科3年 
D.S.さん(福島県南相馬市・LL鹿島教室 / 小6〜高3)

 私は、青田先生の指導のもと、約5年間英語を勉強してきました。教室では、受験で使う英語だけではなく、会話も意識した実践的な授業も行っており、非常に充実した内容でありました。また、先生は熱心に指導してくださり、学生である私もそれに応えられるように、毎日、勉強に励みました。特に印象深いのは、私が第一志望である防衛大学校に合格した時のことです。
 防衛大学校は受験日が11月と一般の大学と比べ早く、その分、少ない時間で各科目を勉強せざるを得ませんでした。必然的に一つの科目に充てられる時間が少なくなり、英語を勉強する時間が短くなってしまいました。しかし先生は、私が模試などの問題で分からない部分があると的確に教えてくださり、少ない時間の中でも有効に勉強することが出来ました。そして、私の合格が決定した時には、一緒に喜んでくださり、私も先生と一緒に最後まで勉強を続けてきてよかったと感じることが出来ました。

ページトップへ

「ステップワールドで英語を学んだ先にあるもの」

早稲田大学 国際教養学部1年
(アメリカの大学に進学予定)
R.K.さん(東京都世田谷区・都立大学教室 / 小4〜高1)

 「恥ずかしいから無理」が口癖だった私が今では人前で歌ったり演じたりするのが大好きなポジティヴガールになりました。そしてこの今の私を作ったのは紛れもなくステップワールドです。
 小4で通い始めてから、座学だけでなく実践的な英語に触れ、少しでも上達すると沢山褒められ、英語を学ぶことが楽しいと感じるようになりました。それを契機に英語力を活かした職に就きたい、また英語を学ぶのではなく英語を手段に知識を得たいという思いが膨らみ、それがアメリカの大学への進学の決断にも繋がっています。もしステップワールドに通っていなかったら、4年間留学という発想は生まれてなかったかもしれません。たとえ思いついたとしても、以前の私のままだったら海外大学受験という道のりの途中で自信をなくして挫折していました。
 ステップワールドは英語の学習を通して私を変え、私に英語のスキルだけでなく大きな可能性を与えてくれた素晴らしい教室でした。

ページトップへ

「ステップワールドでの英語学習」

筑波大学 理工学群1年
 Y.O.さん(愛知県日進市・LL日進駅前教室 / 小6〜高3)

 僕は小学6年からステップワールド教室に通っていました。教室での英語学習は楽しいものが多く英語が苦だと思ったことはほとんどありませんでした。
 そんな教室での英語学習で僕が一番印象に残っているのは何といってもCDを用いた音読の反復学習です。始めはこんなに何度も同じことを繰り返し口に出すことに意味があるのかと疑問に思うこともありましたが、高2の時に高校の海外派遣でイギリスに行った際、英語だらけの環境でとっさに出た英語が参考書で覚えたフレーズではなく教室で何度も繰り返し音読して覚えたフレーズだったことに気づいて、「ステップワールドで音読を続けてよかった。」と思いました。日本語の通じない相手に意思疎通出来て、本当に嬉しかったです。
 教室でやったことは英検だけでなく大学入試の英語でも大きな力となりました。これからも教室で学んだことを活かしてさらに英語の力を伸ばしていきたいです。ありがとうございました。

ページトップへ

「今は未来に」

九州産業大学 国際文化学部3年
K.S.さん(佐賀県佐賀市・佐賀新聞文化センター教室 / 中1〜中3)

 「The things I learned about peace」「My soul teachers」
この2つは自分がステップワールド教室に在学中、スピーチ・コンテストで発表した際のタイトルです。
当時のことは鮮明に覚えています。現在私は大学において英語を勉強しています。授業の中でプレゼンテーションを行うことや、ゼミにおいて友達とディスカッションを行うことがあります。私は小さい頃から英語が好きで中学生の時にステップワールド教室に通っていました。そのときにスピーチ・コンテストへの出場を提案して頂き、先生と原稿を作成し練習しました。人前で発表すること、なおかつ原稿を見ずに発表というのは当時の私にとっては大変なことでした。しかし今では、人前で臆せずに英語を発表することができるようになりました。
これは大学での勉強の成果もあると思いますが、やはりステップワールド教室に在学中のスピーチ・コンテスト出場の経験があったからこそだと思います。英語を学ぶことは未来の糧になります。
ぜひ英語を学ぶことにチャレンジしてみてください!

ページトップへ

「スピーチ・コンテストを通して学んだ多くのこと」

学習院大学 文学部2年
A.K.さん(福島県南相馬市・LL鹿島教室 / 小3〜高3)

 私は、小学3年生から高校卒業までステップワールド教室にお世話になりました。教室に通った9年間の一番の思い出は、小学5年生のときに参加したスピーチ・コンテストです。私が参加したのは決められた原稿を暗唱する部門で、原稿の題材が詩や昔話から取られていました。小説や詩を読むことが好きな私は、夢中になって発表の練習をするようになりました。また、教室の先生には発表の練習に協力していただきました。特に、英語独特の発音の練習が難しかったです。スピーチ・コンテストに向けて先生と二人三脚で練習を重ねたことが今でも印象に残っています。そして、東北大会の舞台に立った経験は、忘れられないものになりました。
 大学生になった自分が当時を振り返ったとき、英語を学び始めた時期に自分の好きなものを通して英語に親しむことができてよかったと感じています。さらに、人前に立って何か発表をする経験は、社会人になってからも必ず生きてくると思いました。

ページトップへ

「活躍の場を広げる英語」

県立佐賀西高校2年
N.H.さん(佐賀県佐賀市・佐賀新聞文化センター教室 / 年中〜中3)

私は小学校に入学する前から中学校3年生まで、約11年間ステップワールドにお世話になりました。私がステップワールドで一番思い出に残っていることはスピーチ・コンテストです。スピーチ・コンテストは、小学生の時は決められた文章を、中学生になると自分でテーマを決めて、先生に協力してもらいながら文章を作り、それぞれ英語でスピーチ
します。最初はCDや先生の発音を真似するところから始まり、最終的には自分の伝えたいことを自分で伝えられるようになります。大勢の人の前でスピーチをすることは緊張することですが、やりきった後の達成感とスピーチをしているときの楽しさは、経験しないと味わえません。また、小さいころから人前で、しかも英語でスピーチすることを経験することは、その後、多くの機会に生かされます。例えば私は中学生のときに香港に国際交流で行きました。そこで現地の人に佐賀のことについてスピーチをする機会があり、スピーチ・コンテストでの経験を生かして自分なりに納得のいくスピーチを行うことができました。
今、英語を学んでいる皆さん、また学ぼうと思っている皆さん、英語は必ず自分の経験の幅を増やしてくれます。まずは真似でもいいのでぜひ英語で話すことの楽しさや達成感を味わってみてください。

ページトップへ

「ステップワールドで8年間学んで ― 広がった興味」

 神戸大学 国際文化学部1年
  K.K.さん(静岡県浜松市・谷島屋松城教室 / 小5〜高3)

 私は小学5年生の頃から谷島屋英語教室に通い始めました。小学生の頃は少人数授業だったため、自分のペースで勉強をすることができました。また、友達もすぐにでき、ゲームを用いながらの授業だったのでみんなで楽しく勉強することもできました。
 中学生になり、学校でも本格的な英語の授業が始まると、少人数授業から個人授業へとかわり、先生と相談しながらより自分のペースでレッスンを受けることができるようになりました。また、小学生の頃からの積み重ねがあるので、英語という教科に苦手意識を
もつことなく授業についていくことができました。
 高校入学後も、学校の課題のわからない部分を先生が共に考えてくださることで理解を深めることができたり、早い時期からセンター試験や二次試験対策の授業を受けることができたので、試験では自分の力を信じて、出し切ることができました。
 長年、谷島屋英語教室で英語を勉強してきたことで、自分の英語力に自信がつくようになりました。また、英語や国際的なことをもっと学びたいという気持ちがわきあがるようになりました。この春、神戸大学国際文化学部への進学が決まり、この目標を叶ええる
機会を得ることができたのは、谷島屋英語教室で学んだ時間があったからこそだと思います。

ページトップへ

「感覚的で生きた英語を学ぶ」

県立佐賀西高等学校2年
S.U.さん(佐賀県佐賀市・佐賀新聞文化センター教室 / 年中〜中3)
 

 ステップワールドは私を大きく成長させてくれた場です。
 教室の遊びながら楽しく学べる授業のおかげで、私は英語が大好きになりました。英語を伸ばせたのはステップワールドが育ててくれたこの気持ちのおかげだと思います。楽しく苦になることなく英語を覚えられ、テストでもとても役に立ちます。リスニング力もついたと感じます。優しく教えてくださった先生方は私の憧れです。
私はステップワールドのスピーチ・コンテストがきっかけで人前で話せるようになり、その後他のコンテストでも入賞し、副賞の海外研修にも行くことができました。英語は私の世界を大きく広げてくれました。卒業した今もコンテストや英語のディベートに参加しています。
ここステップワールドでは英語に深く触れられるので、感覚で英語を使えるようになると思います。これは表面上の知識とは違い、尽きることのない貯蓄になります。
 私はステップワールドで仲間や先生と学べて本当に楽しかったし、感謝しています。

ページトップへ

「教室で学んだ英語を武器に」

名古屋大学 工学部1年
  H.K.さん(静岡県浜松市・谷島屋松城教室 / 小5〜高3)

 僕は、小学5年生の時から8年間ステップワールドに通いました。小学生のときは楽しくわかりやすい授業、中学生、高校生になってからは英検など難易度の高い問題にチャレンジする授業を通して、英語力を高め、大きな武器にすることができました。ステップ
ワールドの教材はCDを聴くものが多くあり、その点もとても良かったと思います。英語は言語なので、耳を通して学び、理解することに早くから取り組むことが重要で、その取組の結果大きく力を伸ばすことができたと思います。
また、スピーチ・コンテストもとてもよい経験になりました。大勢の人の前で英語を
話す機会はなかなかないので緊張しましたが、楽しかったです。賞をいただくことはできませんでしたが、文章を記憶して話すという経験は、今でも役立っています。
 時には成績が思うように上がらず、気持ちが切れてしまうこともあると思います。しかし、教室の先生を信じて英語の勉強を続けてください。必ず報われるときは来ます。みなさん、頑張ってください。

ページトップへ

「世界規模で発想しよう」

ペンシルバニア州の大学 日本語講師
C.F.さん(愛知県日進市・LL日進駅前教室 / 小5〜高2)

 英語の「好き」を教えてくれたのが、ステップワールド教室でした。特にスピーチ・コンテストが印象的です。先生の熱心な指導で、いつも前向きに励まされながら楽しく練習した記憶があります。大勢の前で英語を披露し、自信がつきました。私は英語を学習することが大人になった今でも好きです。好きだからこそ今まで継続して学ぶことができているのだと思います。
早期英語教育が叫ばれる時代、親が子どもに英語を身につけてほしいと願う気持ちはよくわかります。しかし、それは何のためでしょうか。受験や就職、昇進だけでなく、私は、世界の人と意思疎通できることが日本全体の未来にとって大切だと思っています。国際情勢において暗いニュースが多い中、世界を知り、他国を理解し尊重するにはどうしたら良いか。英語はその第一歩だと思っています。「英語が好き」−まずはその気持ち。英語をどう活かすのか、目先のことだけでなく、広い視野で考えてほしいと願っています。

ページトップへ

「国際交流を体験 ― 将来に生かす」

私立柳川高校3年
S.W.さん(佐賀県佐賀市・佐賀新聞文化センター教室 / 小1〜中3)

 私は、小学校から中学卒業までステップワールド教室に通いました。その経験の中で、今、一番通っていてよかったと思うことは英語圏、つまり海外への興味を持てた事です。留学生とは積極的に友達になれたり、ホームステイを引き受けたり、自分がアメリカへホームステイしたりもしました。この経験は私の人生観を一変させるものでした。私がホームステイまで行き着いたのは、夏に行われるサマーキャンプへの参加がすごく関係していると思います。外国のお兄さん、お姉さんと自分だけの力で話せたことがものすごく嬉しかったのを覚えています。あのキャンプだけでも異国の雰囲気や文化を学べてとても楽しかったです!
今、私は新たな目標が出来ました。学生のうちに休みなどを利用して国際的な経験を沢山積んで、そして小学校の教師になり、子供たちに小さいころから世界の広さ、可能性の大きさ、そして英語の楽しさを教えてあげられたらいいなと思います。

ページトップへ

「英語を将来の進路に ― 出会いは小1」

県立国際高校1年
  R.N.さん(兵庫県西宮市・西宮大森教室 / 小1〜中3)

 きっかけは小1。ステップワールドで英語を習い始めた僕は、この年初めて英語の劇をした。会場内には50人以上いて、緊張した。しかし始めた途端、緊張はすぐに楽しさに変わっていった。これが英語と深く関わることになったきっかけに違いない。
 そういった経験を活かし、中3のときに平木中学校の代表として市内のスピーチ・コンテストに出場。暗唱、スピーチ、劇のうち、僕らは劇を選択した。一から原稿を作り、夏休みを返上する勢いで練習した。当日、会場には小1のときを遥かに超える人に、僕は緊張しか感じなかった。けれども、それまでの練習とステップワールドで学んだことを思い出し、思い切り役を演じた。その結果、金賞を獲る事ができた。
 更に高校は、SGH指定校(スーパー・グローバル・ハイスクール)の県立国際高校に合格し、その時以上に英語と触れている。
 今英語が最も得意な科目なのは、あの小1のきっかけに他ならない。

ページトップへ

「ステップワールドで学んで」

名古屋大学 工学部1年
S.K.さん(愛知県日進市・LL日進駅前教室 / 小5〜高3)

僕がステップワールド教室に通い始めたのは小学5年の時でした。この教室に小学生から通っていたおかげで中学、高校と部活で忙しくても教室の授業のおかげで英語を苦手にすることなく楽しく学ぶことができたと思います。高校3年の夏に部活を引退して本格的に受験勉強をするようになってからも、教室でやった英語の授業でセンター試験や大学の二次試験のための勉強が大いに役に立った思います。大学生になってからは今までよりもっと英語の力が必要になってくると思うのでこの教室で学んだ事を活かしていきたいと思います。
最後になりますが水野先生をはじめステップワールド教室の方々、8年間お世話になりました。本当にありがとうございました。

ページトップへ

「将来の夢にむかって」

                江戸川学園取手高校1年                 N.Y.さん(茨城県守谷市・守谷教室 / 小4〜中3)      

 私とステップワールドの出会いは、6年前私が小学4年の時でした。それまでも英語教室に通っていましたが、英会話中心で文法をさっぱり理解していませんでした。
 ステップワールドに入った私は、優しい先生に出会い、英語がますます楽しく、大好きになりました。苦手で分からないと思っていた文法も、分かり易く教えていただき、理解が深まりました。中学の時には、テスト勉強を殆どする事無く試験を9割取っていました。疑問に思ったことをすぐ解決出来て、自分のものに出来たからだと思います。これも、スッテップワールドの細やかな文法指導のお陰だと思っています。
 私の将来の夢は医師になる事です。今年の3月、無事に志望高校に合格しましたが、次は志望大学合格を目指して、英語をさらに勉強して力を付け、頑張りたいです。
 後輩の皆さんも、ステップワールドで英語力を付け、夢に向かって頑張ってください。

ページトップへ

「楽しみながら英語力を身につける」

弁護士
N.O.さん(佐賀県佐賀市・佐賀新聞文化センター教室 / 小1〜小6)

私がステップワールド英語教室に通い始めたのは小学校1年生の頃でした。小学校低学年の頃は、ゲームや歌を通じて、遊びながら楽しく英語と触れ合うことができ、英語を
とても身近に感じるようになったと思います。小学校高学年になると、文法の勉強や英検対策など、英語学習に力を入れてもらったため、中学校で習う英語がとても簡単に思えたことを覚えています。
私は、仕事で英語を使いますが、ネイティブの英語を聞く力と、自分の考えを正確に正しく伝える力がとても必要になってきます。ステップワールド教室では、楽しみながら英語に触れることにより聞く力が、文法等の英語学習により正確に正しく伝える力が、身に付けられたと実感しています。
これからは、英語でのコミュニケーションは不可欠になってくると思いますので、後輩の皆様にもステップワールド教室で楽しみながら英語力を身に付けてもらいたいと思います。頑張ってください。

ページトップへ

「僕の英語学習法」

名古屋大学 工学部1年
  N.T.さん(静岡県浜松市・谷島屋積志教室 / 小5〜高3)

 僕は実は英語が苦手でした。でも小5からコツコツと谷島屋スクールで勉強したおかげで中学校からは良い成績を維持出来、最終的にこの3月、第1志望校の名古屋大学に無事合格出来ました。
 教室での具体的な勉強内容としては、文法、文構造などを中心にリスニングから作文、長文読解に到るまでカバーできるカリキュラムで、その効果は試験結果にも現われました。
 またリスニングを小、中学校の頃から反復して聞いていたので、センター試験のリスニングも特に対策をすること無く高得点を取得出来ました。
 更にスピーチ・コンテストに参加することで話す能力を伸ばせたり、英検の受験を通して定期的に自分の能力を確認出来、それが勉強意識につながりました。
 大学入学後も資料、論文等で英語は必須であることは言うまでもないでしょう。

ページトップへ

「英語からフランス語へ」

京都外国語大学 外国語学部4年
N.M.さん(佐賀県佐賀市・佐賀新聞文化センター教室 / 小1〜中3)

私がステップワールド英語スクールを9年間も続けられた理由はまず、楽しく英語を学べたことです。特に小学生の間は英語のビデオを繰り返し見て、ドリルに文型を書いたり、英語でゲームをする授業でした。当時は「何となく」という感覚でしかやっていませんでしたが、潜在的に身に付いたようで中学高校での英語の成績はオール5でした。また、毎年スピーチ・コンテストが行われることも理由の一つでした。毎回のレッスンで先生方に発音や表現をご指導いただき、仲間と切磋琢磨しながら練習に励めたことで、全国大会で最優秀賞や優秀賞を受賞することが出来ました。
これらの経験で自分の語学力に自信がつき、グローバルに活躍したいと思うきっかけになりました。その為今では大学で、第三外国語であるフランス語を専攻として学んでいます。
現在通う皆様、先生方の授業を全力で楽しみ、全力で取り組んで下さい。私のクラスは全員英語の成績が伸びました!!

ページトップへ

「ステップワールドで英語を学んで」

県立佐賀西高校1年
N.H.さん(佐賀県佐賀市・佐賀新聞文化センター教室 / 小4〜中3)

 私は、小学校4年生から中学3年生までの6年間ステップワールド英語スクールに通っていました。ステップワールドでは、将来の自分に必要な英語の話す力や聞く力、読む力、書く力を先生の熱心な指導を受けたことにより身につけることができました。
 また私がステップワールドに通っていて最も印象に残っているものはスピーチ・コンテストです。私は人前で話すことがとても苦手でしたが、毎年参加をし、コンテスト前は
指導を沢山受けたことにより、英語力はもちろん人前で話す力やコミュニケーション能力をも身につけることができました。
 そして今では、英語は自分の一番の得意科目となり、高校受験前は自分に合った対策を行ってくれたことによりほぼ満点に近い点数を取ることができ、合格することができました。これからもこのステップワールドで学んだことを高校でも生かしていこうと思います。

ページトップへ

「私の英語力の原点」

慶応大学 商学部2年
A.M.さん(千葉県船橋市・習志野台教室 / 小4〜在籍中)

 私がステップワールドに入会したのは小学校4年生の時でした。
当時は習い事の一つで、毎週のレッスンが楽しみだったのをだったのを、鮮明におぼえています。中学生になって初めての定期テストで満点を取り、ステップワールドで楽しみながら身に着けた英語力に自信を持ち始めました。小学校、中学校と毎年スピーチ・コンテストに参加させていただいたことで沢山の発音指導を受け、聞く力話す力が付きました。
また、ステップワールドの英検指導は手厚く、特に二次の面接対策は自信が持てるまで丁寧にアドバイス、指導をくださいました。さらに中学生ごろから始めた多読トレーニングは本を楽しみながら自然と英文を読むスピードと語彙力を向上させられるもので、今でも続けさせて頂いています。
 ステップワールドで学んだことが今の私の英語力の原点です。英語の楽しさを教えてくださったステップワールドには感謝しています。

ページトップへ

「自分の夢と英語」

   市立西宮高校2年
            Y.N.さん(兵庫県西宮市・西宮大森教室 / 小4〜在籍中)

 私の将来の夢は、英語を使って日本と世界をつなぐ国際的な仕事につくことです。私が英語をこんなに好きになり、英語を私の武器にさせてくれたのはこの教室のおかげだと思っています。
 私がこの教室に入った小学校4年生の頃、英語にはあまり興味がなく、読むことも話すこともろくにできませんでした。しかし、この教室での取り組みが私を成長させてくれました。印象に残っているのは、スピーチ・コンテストです。一つの文章を暗記し、抑揚をつけながら大きな声で話すことが初めはなはかなか上手にできませんでした。でも、大勢の人の前で発表するという貴重な経験で度胸がつき、英語に対する自信も高まりました。
何年もたった今でもその内容を覚えているくらいですから、あの時のがんばりが今でもきっと生かされていると思います。
 この教室で培った英語への自信を生かし、自分の手で夢を叶えたいです。

ページトップへ

「世界への扉を開こう!」

海外大学勤務
F.T.さん(佐賀県唐津市・唐津教室 / 小2〜中3)

 私は現在、海外の大学で世界中から集まった仲間と英語を共通語に日々仕事をしています。そのキッカケを作ってくれたのが ステップワールド英語スクールです。ステップワールドでは小学校低学年の時に単語カードを通して発音を遊び感覚で学び、高学年では英検の勉強を通してリスニングや文法の勉強と試験慣れ、スピーチ・コンテストでは英語を人前で話す事に慣れるだけでなく英語独特の抑揚の付け方や実際のネイティブが話すスピードを体で覚える事が出来ました。また、毎日英語のCDを聞く宿題があり、英語を英語のまま理解する感覚が身に付きました。この頃には「英語を話すってこういう事なんだ!」と体感できるようになっていました。中学では英語の授業も一通り教室で学んでいるのでテストは毎回ほぼ満点、通知表は卒業までオール5。英語に対してすっかり自信が付き、いつか海外で仕事がしたいと思うようになりました。夢叶った今でも英語の勉強をする時はスピーチ・コンテストの練習とCDの宿題をしていた時と同じやり方をしています。
 これから世界で活躍したい方々に、英語は必須です。まず大切なのは臆すること無く英
語で積極的に話していこうとする姿勢とそのための英語への自信だと思います。ステップ
ワールドではその姿勢と自信を自然に身に着けさせてくれる環境があります。 

ページトップへ

「私に自信をもたせてくれた英語教室」

 西宮今津高校2年         
    T.S.さん(兵庫県西宮市・西宮大森教室 / 小3〜在籍中) 

  私が、ステップワールドに通い始めたのは小学校3年生のときです。以前通っていた英会話教室が自分に合わず、英語が好きではなくなっていました。体験に来たとき、同じくらいの子たちがスラスラと英語の読み書きをしているのを見て、とてもかっこいいと思ったのを覚えています。ステップワールドで英語を教えてもらい、きらいだった英語も好きになり、できたことをほめてもらえることが嬉しかったです。
 高学年になったときにはスピーチ・コンテストで少し難しい文章に挑戦しました。はじめて見る単語ばかりで、意味も発音も全くわからず暗唱できるか不安でしたが、教室で教えてもらって家で練習、というのを繰り返し、本番では無事にやりとげることができました。その文で出てきた単語や冒頭部分は高校生になった今でも覚えていますし、人前で話すことが得意になりました。                        
 小学生から英語を学習することに賛否両論ありますが、私はステップワールドに通って本当によかったと思っています。テストでは、良い点数をとり、授業では英作や発音をほめられます。
 ステップワールドで教えてもらったことが根本となり、私を支えてくれています。

ページトップへ

「英語を好きにしてくれたステップワールド」

青山学院大学 経営学部1年
T.S.さん(千葉県船橋市・習志野台教室 / 小5〜高3) 

 私は、小学校5年生から高校3年生までの8年間ステップワールド英語スクールに通っていました。ステップワールドでは、多読や会話、スピーチ・コンテト、インタビューテストなど、様々な形で英語に触れる機会が多く、通っているうちに自然と英語が好きになり、学ぶのが楽しくなっていきました。
 もちろん高校受験や大学受験の対策にも役立ちましたが、ステップワールドでは受験のためだけにとどまるものではなく、将来英語を使っていくために必要となるコミュニケーション能力の基礎となるものを身につけることができました。
 私はステップワールド英語スクールに通えて本当によかったと思います。これからも、この教室で学んだことを生かして、向上心を持って英語を学んでいきたいと思います。

ページトップへ

「ステップワールドで培ったもの」 

秋田大学 理工学部1年
H.K.さん(新潟県長岡市・大島教室 / 小4〜高3)

 ステップワールド英語スクールには小学生の頃から大学受験の時まで長くお世話になりました。これだけ長い間英語を勉強し続けることができたのはステップワールドがその時の自分に必要な英語を教えてくれたからです。入った当初はビデオなどを使いながら英語を楽しく、でも基本はしっかりと。そして学年を重ねていくにつれ単語や文法などを教えていただき、大学受験の時には私が苦手としていた長い文章を早く読む力やリスニング力を鍛えていただきました。結果、センター試験の英語では高得点を取ることができ大学にも合格することができました!それも小さな頃から英語を積み重ねたおかげだと確信しています。さらにその英語もステップワールドだからこそテクニックだけではない、もっと本質的で実用的なものを学ぶことができました。
 熱心に親身になって教えていただいた先生や、一緒に勉強を頑張った仲間たちとの大島教室での思い出は一生忘れることはないと思います。みなさんも英語を勉強していくうえで楽しいことばかりではなく辛いことがもしかしたらあるかもしれません。そんな時は先生や仲間と協力してそれぞれの夢に向かって頑張ってください!!

ページトップへ

「好きこそものの上手なれ」


輸送機器メーカー勤務
  H.K.さん(愛知県豊橋市・豊川堂LL教室 / 小3〜中3)

 6年間ステップワールド英語スクールにお世話になりました。教室では、先生がすごく熱心に教えてくださったのを覚えています。英語で仕事をするのに必要な、聞く力、読む力、話す力、書く力をバランスよく教えてくださいました。おかげ様で、学生時代を通して英語を得意科目としてとらえることができました。そしてその“得意”という気持ちはいつしか“好き”に変わり、就職前には、TOEIC 940点+英検1級を取得することができました。そのおかげもあり、仕事では北米案件を担当させてもらえています。会議は基本的にアメリカやカナダで行われます。お客様に自分の考えを説明し、納得してもらえたときには英語を勉強していて本当によかったと感じます。
 英語がうまくなるためには、やはり英語を好きになることが近道だと思います。理解で                    
きないものはなかなか好きになれません。ステップワールドなら、皆さんが英語を理解して好きになる手助けをしてくれること間違いないです。

ページトップへ

「教室で培った英語力を武器に」

一橋大学 経済学部1年
T.O.さん(愛知県日進市・LL日進駅前教室 / 小2〜高3)  

 僕がステップワールド英語スクールに入って一番良かったことは楽しみながらリスニング力をつけることができたことです。小学校の間は遊び感覚でしかなかったですが、それでもリスニング能力の地盤みたいなものは確実に培われていったと思います。中学生の間も英検などを通してリスニング力をつけることができました。高校に入り受験モードになると教室を続けようか迷いましたが、学校や受験対策塾でリスニングの対策をするよりもステップワールドで対策をしたほうが絶対いい!と思ったので教室を続けました。今でも僕はこの時の選択は間違ってなかったと自信を持って言えます。高校三年生の時には担当だった水野先生が僕の受験校に合わせた対策をしてくれたこともあってとても効率よく対策を行えました(実際僕はセンター試験のリスニング対策はステップワールド以外ではほぼしてません)。その結果センターリスニングでも満点をとれましたし、二次試験のリスニングでも手ごたえバッチリでした。
 今僕は大学で英語劇を作る団体に所属しています。これからも水野先生をはじめ多くの方に教わった英語を生かして大学生活を充実したものにしていきたいと思っています。
                      
 最後になりましたが水野先生をはじめとするステップワールドの先生方本当にありがとうございました。

ページトップへ

「ステップワールドで学んで」


                          市立西宮東高校2年   
   N.I.さん(兵庫県西宮市・西宮大森教室 / 小1〜在籍中)

  私は、小学校1年の頃にステップワールド英語スクールで英語を習い始めました。その頃私はとても人見知りで、英語を話すことがとても恥ずかしかったのを覚えています。
 このステップワールドに入って一番の思い出に残っていることは年に一回開かれる「スピーチ・コンテスト」です。私は暗記が苦手で、なかなか文章を覚えることができませんでした。私は本番の日に向けて一生懸命毎日練習しました。当日はとても緊張しましたが、今までの力を出し切れてとても達成感がありました。
 私はここに入ってよかったことは、人見知りしなくなったことです。はじめに言ったように、私は小さい頃とても人見知りでした。しかし、先生と会話したりするうちに、誰とでも気軽に話せるようになりました。ステップワールドは私の性格を変えてくれた場所で、とても感謝しています。

ページトップへ

「人生を変えた黄色いカバン」

通訳・翻訳/ベイカー・依里さん
(香川県・小豆郡、吉本弘文堂教室/小3〜中3)

私の生まれ育ちは香川県の小豆島です。吉本弘文堂という本屋さんの裏手にある、プレハブ校舎のLL教室に通いました。当時6年生になった姉のオリエンテーションについて行き、そこで配布されていた黄色いカバン欲しさから、「私もLLに通いたい!」と、その場で母に入学をせがみました。最も印象に残っていることは、ヘッドセットをつけて、マイクごしに発音の練習をしたことです。教室の壁には、英語の発音をするときの口の中の様子が描かれた絵があり、いつもその絵を見ながら、先生が正しい発音を指導してくださいました。ときには友達との遊びに夢中になり、レッスンの時間を忘れてしまったり、ときには本屋さんで漫画の立ち読みにふけってしまい、時計を見るとすでにレッスンが終わっていたり、ということもありました。

でも、中学校に入って気がついたことは、中学2年終了時までの英語はすでにLL教室で学習済みだったことです。英語の授業が信じられないほど簡単で、テスト前にも教科書にでてくる新しい単語をちょっと復習する程度で、いつも良い成績を収めることができました。また、音から英語を学んだためか、単語を覚えるときには書いて覚えるのではなく、単語を見ながら発音して覚えるという習慣も身についていました。この習慣は、43歳を迎えた今でも変わりません。

高校時代も英語が大の得意科目であることに変わりはなく、2年生のときにはロータリー財団の夏季交換留学ホームステイプログラムの参加者として選ばれ、生まれて初めての海外生活を体験できました。その後、英語への興味、異文化への関心は高まる一方で、大学は英語教育に熱心な津田塾大学の国際関係学科に進みました。津田塾大学では、入学後まもなく大々的なヒアリングのテストがあるのですが、そのテストでは数多い帰国子女に負けない成績を収めることができ、とても嬉しかったことを覚えています。また、後の先生との個人面談では、英語の勉強方法について尋ねられ、そのときにはLL教室での勉強方法を説明したことも覚えています。

大学卒業後は、香川県の公立高等学校で英語科教員として10年間勤めましたが、通訳になりたいという夢をあきらめきれず、米国カリフォルニア州のモントレーにあるMonterey Institute of International Studiesという通訳・翻訳者を養成するための大学院へ進学しました。会議通訳コースを終了した後は、しばらくフリーランスの通訳として仕事をしましたが、現在は日本の製薬会社の子会社で社内通訳・翻訳として仕事をさせていただく毎日です。

これまで多くの人から英語の発音の良さをほめられてきましたが、その基礎を築いてくれたのはLL教室での発音に重点を置いた勉強だったと信じています。LL教室で学んだスキルのおかげで、英語を話すことが大好きになり、英語を話せるようになったことで、世界中に多くの友人もできました。母からは、「カバン欲しさに始めた英語の勉強が、あなたの人生の行方を決めることになったわね。」と、今でも冗談半分に言われますが、まさにそのとおりです。

今の時代、インターネットやさまざまな技術のおかげで、世界は小さくなる一方です。また、日本では小学校から英語教育が導入されることになり、御社の教室で学ぶことになる小学生達はますます増えることでしょう。今や、英語は私の人生になくてはならない存在となりましたが、今日への道を開いてくれたLL教室に対する感謝の気持ちは、これからも決して変わることはありません。

御社の教室で英語を学び、社会にでてからも英語を使って活躍する日本人が増えることを期待するとともに、御社のますますのご発展を太平洋のこちら側からお祈りいたしております。

ページトップへ